Admin New entry Up load All archives

Loo in Seoul

柔らかくてしなやかな心 



日韓夫婦の尊敬するお友達に、
ありがとうのメッセージを送ったら、
なんとフランス出張中でした



フランスとソウルに居ながらにして、
話題はFacebookCOOシェリル・サンドバーグ
のご主人急死後に書かれたFacebookの
溢れる家族愛のメッセージについて………



色々とTALKしながらも彼女は淡々と、

『心の中を磨いて、自分でいることで、
より未来を望むとおりに経験出来る、と。

自分が可能だと信じたらそうなるし、

強くあるより、柔らかくあるというか

強いと折れるけれど、しなやかでいると、
何が起きても

全てが望む方向に繋がっている、
と知れるので

まず、魂で在る、感じです。』

こんな感じでTALKしてくれました



彼女とカカオTALKしながら、
私も自分自身と向かい合うそんな時間
がとても貴重でありがたいと思いました



「見知った街より、
見知らぬ未来のための
魂とのコミュニケーション
がよりエキサイティングな感じです。」

なんてフランスに居ながら、言い切れる
彼女の潔さにときめくLooなのでした
(朱赤のワンピースを着た彼女は
とてもとても美しかったです♡♡♡)

私だったら、フランス出張バンザイで、
遊び狂いそう…………人間性の違いですね


『愛とは…………』




FacebookCOOシェリル・サンドバーグのFacebookから和訳

『私とデイブが出会ったのは、20年程前に私がLAに引っ越した時です。彼は私の親友になりました。彼は私に初めてインターネットを見せてくれたり、楽しい外出の計画を立ててくれたり、ユダヤ教の休日には神殿に連れて行ってくれたり、今まで聴いたことがないようなカッコいい音楽を聞かせてくれました。深い愛に包まれ、幸せな結婚をし、真のパートナーシップの意味を教えてくれた実に楽しい11年間でした。彼は私に沢山の貴重な経験を与えてくれましたが、最も重要なのは、世界で最も素晴らしい二人の子供を与えてくれたことです。

デイブは私にとって「岩」のような存在でした。私が動揺した時、彼は冷静でいてくれました。私が不安でどうしようもなかった時、彼は「大丈夫だ」と私を落ち着けてくれました。私が何をすべきか分からなくなってしまった時は、彼が答えを導き出してくれました。彼は子供たちにあらゆる方法で尽くしてくれました。

デイブと私は十分な時間を一緒に過ごすことができませんでした。完全に予想外の地獄のような数日間を過ごし心が打ちのめされましたが、それと同じくらい感謝の気持ちがこみ上げてきます。私の人生の最も暗く悲しい瞬間に、今までどれほど幸運だったのかを思い知りました。

もし彼との日々が最初から11年間で終わってしまうことを、予め誰かに聞かされていたとしても、私は彼と共にこの道を歩んできたでしょう。なぜなら、11年間をデイブの妻として過ごし、10年間をデイブと共に親として過ごすことは、私にとってこれ以上ないほどの幸せなのですもの。共に過ごした全ての時間に感謝を捧げます。

彼の精神、彼の魂、彼の驚くべき貢献能力は私たちと共にここにあり続けます。』

最愛のご主人を突然亡くされた
シェリルの痛みは計り知れません。
心よりお悔やみ申し上げます。
スポンサーサイト

category: watashi

CM: -- TB: --